鋼矢板圧入工法

本日は鋼矢板の圧入工法を紹介します。

鋼矢板をクレーンで持ち上げて圧入機本体にセットします。

鋼矢板の種類はU型鋼矢板で長さは8mあります。

地中にすでに打込まれた杭を数本つかみ(反力抗)その引抜抵抗力を反力として新しい杭を油圧で押込する圧入原理に基づいた圧入工法です。

8mもある鋼矢板が打ち込まれてほとんどが地中に入っています。

圧入機のパワーユニットですがかなり大きいです。圧入機より大きいですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。