通り芯の逃げ杭設置

本日は以前に出した杭芯をした舞鶴の現場での通り芯の逃げ杭設置を紹介します。

通り芯の敷地内の端々に杭を打って芯の位置に釘を打ち、杭と杭を糸で張れる様に設置しました。
光波測量機を使ってズレがないように位置を出します。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。