舞鶴の現場の杭芯確認

先々週の話ですが、舞鶴の現場で打ち込んだ杭の杭芯の位置確認をしました。

杭芯がどれくらいずれているのか確認するために42か所に打ち込んだ杭を光波測量機を使って測量しました。
測量の横で生コン打ちをしていました。
ホッパーに生コンを入れてクレーンで吊るして降ろします。
生コン打ちの場所が低い位置にあるのでクレーンを使っての作業になります。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。