飛行機雲

今日は何気ない日常のお話

タイヤ清掃をしていたらとても天気が良いく空をみてみたら飛行機雲が3つも交差していました。

飛行機雲は、冷たく湿った上空を飛ぶ飛行機が排出する水蒸気が冷えて氷の雲粒になったり、飛行機が高速で飛ぶ時に空気が急に膨張して冷えたり、翼の端などで空気の渦ができることにより現れるそうです。

飛行機雲ができるための条件は気温が低く、湿度の高いことの二つが必要となります。
飛行機雲がすぐに消える場合は、上空が乾燥しているため晴天が続き、雲がなかなか消えない場合は雨が降るのが近いそうです。

今回の飛行機雲はなかなか消えなかったのですが、この後から曇り始めてすごく寒くなりました。雨は降らなかったですが・・・

皆さんも飛行機雲を見たときは天気の予想に役立ててみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。