イソヒヨドリ(オス)

本日は会社に珍しい鳥がいたので撮影して調べてみました。

背中が青色で腹が赤色の鳥でした。
調べてみるとイソヒヨドリ(オス)でした。

何か餌を銜えていました。

イソヒヨドリは世界的には標高2,000~4,000mの高山の岩石地帯に生息する鳥だそうです。
日本ではかつては磯や港など海岸周辺が主要な生息地域でしたが、1980年頃から内陸部の地方都市で繁殖が確認されるようになり、2000年代に入ってその数はさらに増加したそうです。現在では関東、近畿など大都市圏で見かけることも珍しくなく、電線や看板に留まっていたり、住宅地やビルの間を飛び回る姿を見かけたり、綺麗な鳴き声を聞くことができる。オスは青い部分が多いため、「幸せの青い鳥」と呼ばれることもあるそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。